スタッフ紹介




代表 高見 利将 たかみ としまさ


1976年 東京生まれ東京育ち
東京とは言うものの山や川がある環境に恵まれ、
自然の中でよく遊んだ覚えがあります。
1995年に東洋工学専門学校建築エコロジー科の卒業研修で
屋久島初来島。
以後、夏は屋久島で過ごす年が数回あり、
2000年より屋久島でガイドとして働き出す。
エコツアー会社ネイティブビジョンで
10年間専属ガイドをやらせて頂き、
より自分のやりたいライフスタイルを確立すべく、
屋久島Pranaを立ち上げる。

屋久島の自然は大好きで、
海、山、川、森によく行き、大自然と共に生活しています。
野生の食べられる植物採取や、魚貝類を獲りに行くのが好きです。
農作に興味があり、あれば毎日畑にいます。
8年ほど自然栽培を実践していますが、
屋久島の厳しい雨、風、台風、鹿、猿、狸、イタチ、鼠、モグラ・・・
などなどに悪戦苦闘しています。
家族は子供3人の5人家族と犬、猫、鶏、亀です。
屋久島での日々の映像をブログで見れるようにしてますので、
よければ見てみてください。コメントも気軽にどうぞ。
がんばって更新します!
ブログ 屋久島 僕の視点。
■屋久島登録ガイド ■屋久島観光協会会員 ■日赤救急法救急員 ■無線従事者免許

  まさ 
 3番目の息子と

高野 大岳 たかの ひろたか


1973年 宮城県気仙沼市生まれ。仙台育ち。東北人魂!
本当に心が痛いですが、ともに力をあわせて頑張りましょう!

2000年4月 インドなど1年間のバックパッカー旅のあと、友人を訪ね単車で屋久島に来島。

「日本にこんなところがあったなんて!」 自然のあまりの美しさ、
厳しさ、気持ちよさに圧倒されそのまま住人となる。

夢である自給的生活を目指して、毎年無農薬のお米作り(イセヒカリ)を続けています。
ワールドクラスの山、川、海はもちろんのこと、自然と共に生きる屋久島の暮らしを通して、現代文明が便利さのかわりに失ってしまった
自然とのつながり、太古の遺伝子の記憶を肌で感じてもらえたら嬉しいです。

好きな言葉、「我らに要るものは、銀河を包む透明な意志、巨きな力と熱である」by宮沢賢治
ブログ 屋久島Tribe

■屋久島登録ガイド ■屋久島観光協会会員 ■日赤救急法救急員 ■無線従事者免許

 ひろ 
 田んぼにて